top of page

正しいウォーキングできてますか?




こんにちは!リアルナです。

スポーツや筋力トレーニングは敷居が高いと感じる方も多いですが、

健康維持のためにウォーキングを日常に取り入れている方は非常に多いです。

実際、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、日本の成人の約40%が

定期的にウォーキングを行っていると報告されています。


ただ歩くだけでなく、正しいフォームを意識することでより効果的な健康維持が可能です。

まず、正しいウォーキングの効果について見ていきましょう。


- 心臓や血管の健康を促進し、心臓病や高血圧のリスクを低減します。

- 足や体幹の筋肉を強化し、全体的な持久力が向上します。

- 骨を強化し、骨粗鬆症のリスクを減少させます。

- 血糖値のコントロールを助け、糖尿病の予防に役立ちます。

- 自然の中を歩くことでストレスが軽減されます。

- 集中力を高める効果があります。

- 特別な設備やジムの会員費が不要で、誰でも気軽に始められます。


これらのメリットがあります。


ウォーキングの正しいフォームを身につけることで、これらの効果を最大限に引き出し、

怪我のリスクを減らすことができます。

ここで、正しいフォームのポイントをご紹介します。


「お腹を引き締めることを意識しましょう!」


これにより、自然に背筋が伸びた感覚が得られます。

お腹を引き締めることで体幹が使われ、自然と腕も振りやすくなります。

また、視線も上がり、気持ちも前向きになります。


この方法をすぐに取り入れて、ウォーキングの習慣を見直してみましょう。

また、ウォーキングの習慣がない方は、まず週に1~2回、20分間のウォーキングから始めてみてください。

特に夏は熱中症のリスクが高まるため、朝や夜の涼しい時間に行うことをお勧めします。

特別な環境や道具が必要ないウォーキングは、健康意識を高めるための大きな一歩となるでしょう。


リアルナでは、従業員の健康を助ける健康プラグラム「Myケンタス」をご用意しております。

また、今なら従業員の「生活習慣病リスクの無料診断」も実施中!

まずは貴社従業員の健康課題を「知る」ことから始めてみませんか?

ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

Comments


bottom of page